「精神障害者の雇用が注目されています」

所長の北澤哲也です。今回は私がブログを更新します。

静岡労働局より精神障害者の就職件数が県内で大幅に伸びているという発表がありました。 

2011年度の就職件数は前年度比46.9%増の614件でした。 


その背景には以下の3つがあげられるそうです。 

 ①精神障害者の就業意欲が高まっている事(新規求職者数も1275人と5年前の2倍) 

 ②ハローワーク内に精神障害者対応の専門家配置及び助成金制度を設けた事 

 ③平成25年4月1日から障害者雇用率※引き上げがある事


国はメンタルヘルス対策として精神障害者の雇用維持、雇用促進の重要性を訴え続け、時間が経過してきた中で、会社側にもうつ病をはじめとした精神障害者を受け入れる体制が徐々に広がっています。


しかし、中小企業では社員一人一人にかかる責任が大きく、精神障害者の積極雇用まで手が回らないのが実情と言えます。とはいえ後述の障害者雇用率引き上げが来年4月より予定されている事、労働力人口が減少し続ける事を考えると、今後は精神障害者の雇用に向き合い、その能力を引き出し、活躍してもらう事を考えることが明日の貴重な労働力確保につながるのではないでしょうか?。


※障害者雇用率「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、事業主に対して、その雇用する社員に占める身体障害者、知的障害者、精神障害者等の割合が一定率以上になるよう義務付けられています。平成25年4月1日より社員50人以上を雇う事業主さんは1人以上障害者を雇用する義務が生じます。遵守できない事業所で200人以上社員が在籍している場合、障害者雇用納付金として1か月5万円支払う義務があります。

メンタルヘルス不調者対応基礎講座 第9回

青葉事務所のつぶやき

2019年

4月

08日

<新年度がスタートしました!>

所長の北澤です。いよいよ新年度が始まりました。
貴社の中でも人事異動があったり、社員のご家族でも新しい生活が始まったり、
色々なリスタートの日です。
さらに、今年度の場合は、この新年度スタートの日に新元号が発表されました。
「令和」。期待に胸膨らます時代となれるよう、私達、国民一人一人が自身の
責任を全うするだけでなく、新しい日本や地域になるような、活動、考え方、
周囲の方への承認や応援、いわゆる協調、同調、協働が必要な時代となりますね。
当事務所も新年度の労働基準法改正を皆様にお伝えしていくと共に、
新しい年度と共に業務の更なる進化を考え、皆様のお役に立ちたいと考えております。
 
 また、本年度4月1日より、当事務所所長である北澤哲也が
静岡商工会議所青年部の会長を勤めさせていただく事になりました。
任期は2019年4月1日~2020年3月31日の1年間です。
商工会議所青年部とは、静岡商工会議所の下部組織であり、地域を支える青年経済人として、
先導者たる気概を持ち、静岡市が人口減等で埋没せず、
豊かな郷土であり続けるために創意と工夫、勇気と情熱を傾け、新しい文化創造に向かって、
考え、行動する事によって、時代を先駆け、国や地域の礎となるという指針の基で
活動している青年経済団体です。自身の会社、業界の輪を広げる事を優先的に考えつつも、
静岡市に住まう事や静岡市で仕事を行うことの大事さやありがたさ、誇りを内部で拡大させ、
それを市外、県内、県外、全国へと発信していく活動を行っております。
 お客様の今後の業務展開にヒントになれるような組織運営、人材活用、
多様な会員の心を同化させるための、承認や受入れ、自身の想いの伝え方、様々な事を学び、
皆様に還元させていただく事ができるよう努力いたします。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

〒421-0113 静岡市駿河区下川原4丁目6-9
電話番号:054-204-9088
FAX番号:054-204-9077
メール: sharoushi-aoba@vc.tnc.ne.jp
ホームページ http://www.sharoushi-aoba.com/
所長 北澤哲也:

http://facebook.com/tetsuya.kitazawa

事務員(看板妻) 北澤宏美 、永島あかね

公式facebookページ

http://www.facebook.com/aobasharoushi

   
 

青葉社会保険労務士事務所