被保険者人数 基本料金
顧問契約を結んだ場合
1人当たり
(勤怠集計あり)
1人当たり
(勤怠集計なし)
9人以下 8,400円 1,050円 630円
10~29人 10,500円 1,050円 630円
30~49人 15,750円 1,050円 630円
50人~ 別途相談 別途相談 別途相談

※基本料金には毎月の従業員データ管理、給与明細書、振込依頼書発行等が含まれます。
※特殊な給与形態等の場合、初期導入費用として基本料金1か月分をいただく場合があります。
※年2回以内の賞与は無料サービスとさせていただきます。
※年末調整は原則として基本料金1か月分とします。
 

 

被保険者人数 基本料金
(顧問契約なしの場合)
1人当たり
(勤怠集計あり)
1人当たり
(勤怠集計なし)
9人以下 15,750円

1,050円

 630円

10~29人 21,000円 1,050円 630円
30~49人

31,500円

1,050円 630円
50人~ 別途相談 別途相談 別途相談

※基本料金には毎月の従業員データ管理、給与明細書、振込依頼書発行等が含まれます。
※初期導入費用は原則として基本料金1か月分とします。
※賞与は原則として基本料金の1か月分とします。
※年末調整は原則として基本料金1か月分とします。(下記サービスは対象外) 
※社会保険、労働保険の顧問契約を結んでいただいた事業所様には各種サービスがあります。
 

 

メンタルヘルス不調者対応基礎講座 第9回

青葉事務所のつぶやき

2019年

8月

08日

<今年度の最低賃金について>

所長の北澤です。

盛夏がやってまいりました。体調管理のために、熱中症対策、
適切な食事バランスと量、何よりも水分補給を怠らないようにしたいですね。
朝や夕方にランニングするにしても、朝ならば6時以前、夕方も19時以降ぐらいに
ならないと快適に走れないので、時間を有効に使う事が求められますね。
前日に深酒すると朝起きることができず、ランニングができないので、
そういった意味での体調管理が最近の私の課題です。

 

さて、7月31日に開催された第54回中央最低賃金審議会で、

今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられました。

各都道府県の引上げ額の目安については、Aランク28円からDランク26円

まであります。静岡県はBランクとなり27円引き上げが目安として発表されました。
今後、各地方最低賃金審議会で、この答申を参考にしつつ、地域における

賃金実態調査や参考人の意見等も踏まえた調査審議の上、答申を行い、

各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定することとなります。


決定されれば10月初旬ぐらいに改定されるでしょう。このままの答申単価で決定されれば
静岡県は885円(現在858円)となります。
今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は27円(昨年度は26円)となり、
昭和53年度に目安制度が始まって以来最高額となります。
政府が以前より公言していた最低賃金時間給1000円が東京では実現します。
しかし、あがり幅を見ると、東京等は地方都市より多く、結果的に

「賃金が高い=首都圏」という事実が加速されていきます。


テレワークの広がり等で、何処にいても仕事ができるような環境が整えられつつありますが、
結果として首都圏集中を招く可能性が高まる最低賃金の改訂方法は一考に値するものと思います。

〒421-0113 静岡市駿河区下川原4丁目6-9
電話番号:054-204-9088
FAX番号:054-204-9077
メール: sharoushi-aoba@vc.tnc.ne.jp
ホームページ http://www.sharoushi-aoba.com/
所長 北澤哲也:

http://facebook.com/tetsuya.kitazawa

事務員(看板妻) 北澤宏美 、永島あかね

公式facebookページ

http://www.facebook.com/aobasharoushi

   
 

青葉社会保険労務士事務所